WSUS(WindowsServerUpdateServices)3.0の復旧

事の起こりは、 WSUS(WindowsServerUpdateServices)管理コンソールで「前回の状態レポート」が「まだ報告されていません」から変化しないクライアントが存在するのが見つかった事。
クライアントがWSUSサーバーと通信できないようなので、WSUSサーバーの引っ越しのせいかと思ったが、グループポリシーでちゃんと接続先のサーバーは変更されている。
仕方ないのでググってみたところ、KB2734608というWSUS SP2用のパッチが見つかった。
自動翻訳で何が書いてあるか良く判らないが、要はサーバーのサービスとクライアントのサービスのバージョン違いで通信できなくなる現象を、解消するパッチらしい。
WindowsServer2008R2のWindowsUpdateの中に入っていたので、他のパッチも含めてまとめて適用…ここから悲劇は始まった…。

アップデート後、WSUS管理コンソールが、サーバーと接続できない…(T_T)
エラー内容は、
System.IO.IOException — 予期しないパケット形式のため、ハンドシェイクに失敗しました。
…うむむ。
ググってみるとASP.NETの再インストールで治るような事が…。
ただ、ASP.NETをWSUSが使っているので、WSUSをアンインストールする必要がある。
WSUSのDBとアップデートファイルをバックアップしたうえで、サーバーマネージャで、ASP.NETごとWSUSをアンインストール…あれ?失敗?
WSUS単体でアンインストールしようとしても、アンインストールが不明なエラーで途中終了してしまう。
じゃあ再インストールと思ってみても、WSUSのセットアップを起動すると、まずWSUSのアンインストールを実行する事になって、同じ状況。
仕方ないので、レジストリやらプログラムを強制的に削除して再インストールを実行しても、どこかに残骸が残っているらしく、インストーラがこける。
進退窮まってしまった…僕ちゃんピーンチ!!(古っ!!)
もう他のサーバーにWSUSを移そうかと思った矢先、見つけたのは以下の書き込み。
http://www.wsus.info/index.php?showtopic=10256
ダメもとで書いてあるレジストリの内容をメモ帳にコピーし、

WSUS.regというファイル名で保存し(インストール環境に応じて一部修正が必要)ダブルクリックして実行し、レジストリに登録。
そして、WSUSのセットアップを起動するとあら不思議、WSUS2.0がインストールされていると誤認識し、WSUS3.0へのアップグレードが始まり、エラーにならずに完了した。
その後WSUS管理コンソールを立ち上げてみると…接続できた!!
WSUSの同期の初期設定はやり直す必要があったが、DBの内容も同期したアップデートファイルも残っており、問題無し。
ああっ!!助かった~(^^;)
Amazonのギフト券を、書き込み主に贈りたい気分(笑)
よくよく調べてみると、KB2734608等のWSUSのパッチを当てる際、環境によってはWSUSが壊れる事があるらしい。(割と結構な確率で…。)
まったく、人騒がせなパッチだなぁ…(T_T;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。