スパイラルスピーカーとAlpair10 MAOP

以前勢いでMarkAudioのAlpair10 v2の限定モデル「Alpair10 MAOP」を買ったのだが、使い道を考えあぐねていた。

このユニット、約14cmで高域も上まで出るのに、ストロークが長く、低域もたっぷりだそうな。

Alpair10 MAOP

であれば、お蔵入りになった以前作ったスパイラルスピーカーの箱にちょうど良いかもしれないと、試してみることにした。

続きを読む

リビングのスピーカーレイアウトの変更

昨年末に上階からの漏水騒ぎがあり、一度部屋の荷物を全て出す羽目になり、この際だからとリビングのスピーカーのレイアウトを変更した。

フロントのAV用として使用していたVictorのSX-LT55をリアに回し、フロントは音工房ZZ800-FW168HRZ505-Trentoの組み合わせで、フロントスピーカー無しとした。

スピーカー新レイアウト
続きを読む

ATRAC(oma)形式からFLAC形式へ変換する

昔、携帯音楽プレイヤーとして、SONYのWalkman NW-A3000を使用していた。
音楽の管理ソフトは「SonicStage」で、音楽ファイルは可逆圧縮のできるATRAC形式で保存していた。
しかし時は流れ、スマホの機能やメモリ容量が増え、携帯音楽プレイヤーを単独で持ち歩く意味は無くなった。
そこで困ったのが、ATRAC形式で保存した音楽ファイルである。
「SonicStage」でWAV形式に変換はできるものの一ファイルずつ単位なので、どうせ手間がかかるならと変換は諦めて、手持ちのCDを全てEACでリッピングし直した。
ただ、手元にCDの無いレンタルからリッピンクしたものなどは、諦めざるを得なかった。
さらに時は流れ、何の気なしに音楽ファイルのあるフォルダを覗いたら、ATRAC形式のファイルが残っている事に気づき、ATRAC形式からFLAC形式へ変換できないか調べてみたところ、SONYの最近の「Walkman」用管理ソフト、「Music Center for PC」がATRAC形式に対応しており、FLAC形式への一括変換が可能である事に気が付いた。

 

続きを読む

ACCESSのクエリデザインビューで列の追加ができない!!

仕事柄、MicrosoftのAccessというDBソフトを使うんですが、この前ハマった話。
ACCESSは基本的に、クエリデザインビュー(エディタ)というGUIツールで、クエリ(SQL)を作るんですが、空き列が無くなったので、列を追加しようと思ったら何故か追加できなくなってしまいました。
リボンのアイコンの「列の追加」を押しても、うんともすんともいわない。
急ぎの用事だったので、結構焦りましたね。
で、色々調べたところ、リボンのアイコンを自動的に折りたたむ設定にしてあると、こういう状況に陥る場合があるそうな…おいおい
ワイド画面が主流になったせいで縦方向の解像度が減り、アイコンが大きくて邪魔なリボンは、もちろん折りたたむ設定にしてあったので、固定に変更したところ無事追加できるようになりました。
これってやっぱりバグだよね? > Microsoft

Z505-Trentoを作る(Z800-FW168HR用ウーハー)

現在家でメインに使っているのは、音工房ZのZ800-FW168HRZ800-FW168HR

非常に高解像度のスピーカーで、音も非常に気に入っているが、Z505-Trentoという追加ウーハーが発売されるという事で、一も二も無く飛びついた。Z505-Trento
3月に届いたのだが、さすが25cmウーハーキット、部材が玄関に山積みとなり家に入れなかった(笑)
荷物
ユニットは、FOSTEXのOEMらしい。
Z505-Trentoのユニット
続きを読む

UDA基板のASIOアップデートにハマる

エレクトロアートさんのところの、UDA基板用のASIOドライバーと対応ファームウェアが発表された。
UDA基板
DAC自作黎明期?は、PCとDACを接続する基板として音質に拘った物がなかなか手に入らず、毎回の販売は非常に人気で、入手難を乗り越え、私も手に入れて利用していた。
最近は、AmaneroXMOS系の安価な基板が出てきて、独自の接続方法であるこの基板はお蔵入りしていたのだが、このアップデートで汎用的に使えるようになるので、アップデートすることにした。
ありがたい事に、初期のUDA基板も対応とのこと。
うちには、その初期基板が1.00と1.01の二枚あり、以前1.01の方を、USB2.0専用にファームアップしてもらったので、1.00はノーマルのまま残して、1.01の方をアップデートすることにした。
[amazonjs asin=”B07BQPQJ9V” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ATSAM3U1C XC2C64A Amanero USB IISデジタルインターフェイスDACデコーダボードサポートDSD512 32ビット384K I2S DSD出力”]
続きを読む

本日の購入品:マランツ NR1609(AVアンプ)

marantz AVレシーバー 7.2ch フルディスクリート/Dolby Atmos/DTS:VirtualX/4K UHD/HDCP2.2/HEOS/ハイレゾ音源/Airplay2対応 ブラック NR-1609/FB

リビングのAVアンプは、長らくPanasonicのSU-XR57を利用してきた。
Panasonic SU-XR57
AVアンプとしては薄型で、音質的にも十分なものであるが、Dolby Atmos等の新フォーマットや4K映像には未対応である。
現在使用しているテレビも長く使っており、壊れたら4Kテレビに変えようと思っているのだが、その時にまとめて入れ替える事になっては出費が痛いので、この際先にAVアンプの入れ替えをすることにした。
色々調べて、最初はYAMAHAのRX-V585あたりで済まそうと思っていたのだが、少し欲が出てmarantzのNR1609を選定した。
価格帯的には、YAMAHAのRX-A780も対象に入ってくるのだが、やはり厚いのはちょっと…ということで(^^;)
放熱や筐体の共用の都合があるんだろうけど、他メーカーももっと薄型のを出してくれれば良いのに…。
続きを読む