Windows10のタスクバーをカスタマイズ

仕事でWindows10を使っていると、Windows10のタスクバーをカスタマイズして各パソコンに展開したいことがままある。(Microsoft Edgeでアプリがまともに動かないのでInternet Explorerを初期値にしたいとか、スタートメニューから該当のアプリにたどり着くのが大変なので、ショートカットを貼り付けておきたいとか。)
やり方を調べたので、その備忘録。

タスクバーのカスタマイズについては、以下のリンクにある通り。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/configuration/configure-windows-10-taskbar

だけでは判りづらいので、ちょっと噛み砕く。
要は、Windows10のインストールされているPCの以下のフォルダ
C:\Users\Default\AppData\Local\Microsoft\Windows\Shell
にあるレイアウト設定ファイル
LayoutModification.xml
をカスタマイズすることで、新しくそのパソコンでプロファイルが作成される際にカスタマイズしたタスクバーのレイアウトが適用される。
ちなみに、既にプロファイルが作成されているユーザーには適用されない。
また適用は初回の一回のみで、後はユーザーが自由にカスタマイズできる。(初期レイアウトには戻らない。)

まずは、
LayoutModification.xml

の部分を

に変更
これにより、タスクバーの設定が初期化されその後の設定が有効になるという仕掛け。
LayoutModification.xmlのファイルに先のタグが無い場合は、Windows10のバージョンが古いとかで、タスクバーのレイアウト変更に対応していない可能性がある。

対応バージョンである場合は、

タグの前に以下のタグを追加すれば良い。

後は、

のタグの間に、タスクバーにピン止めしたいアプリを並べるだけ。
ちなみに下の二つだけ記述すると、タスクバーはIEとExplorerのみとなる。

ユーザーインターフェースは、Windows7で十分なんだけどなぁ…困ったもんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。