Bebop Droneのゴム足

Bebop Droneのゴム足を無くしてしまったのは、この前書いた通り。
スペアパーツが無いかとネットを漁ってみたところ、京商のサイトで発見。
ただこれゴム足だけでなく、脚部とWifiのアンテナまで含まれているので、ちょっとオーバースペック。
ハンズあたりで、丁度良いのを探すしかないか(^^;)

WHR-G301N(バッファロー WiFiルータ)の故障と修理

年末の大掃除で、ルータ周りを片づけ、電源を入れ直したところ、突然POWERとDIAGのLEDランプが高速に点滅を繰り返す状態に。
WHR-G301Nの症状
よく見ると裏のLAN端子のランプも全部高速に点滅している。
ルータに耳を近づけてみると、何やら小さくカチカチという音が…。
このバッファローWHR-G301NというWiFiルータ、スマホやタブレット用に、ワゴンセールで格安で売っていたものを自宅ネットワークに追加したもので、買って2年は経っていないはず。
こんなもん、普通そんな簡単に壊れないよなぁ…と思いつつググってみると、同様の症状で壊れたという書き込みが、結構上がっていた。
続きを読む

auの迷惑メールフィルターは設定が紛らわしい

auのスマホからauの迷惑メールフィルターを設定する場合、普通はメールソフトの「Eメール設定」→「アドレス変更・その他設定」から行う。
だがこれは「モバイルデータ通信」が有効、つまりはauの回線経由でないと設定画面に入れない。
自宅のWiFi環境や、DOCOMO系のMVMOのSIMを挿したモバイルルータ経由では、アクセスできないのだ。
仕方ないので、以前はその時だけ「モバイルデータ通信」を有効にして、拒否リストを設定していたのだが、その設定だけで二段階定額の上限金額になるパケット量まで達してしまい、辟易して二度と使うまいと思っていた。
しかし、最近またスマホに「迷惑メールおまかせ規制レポート」が届くようになった。
続きを読む

Google Calendar Sync with Microsoft Outlook同期が止まった…のでOutlook.comに移行

仕事では、メールやスケジュールの管理用クライアントとしてMicrosoft Outlookを利用している。
その「Outlook」の予定表(スケジュール)とスマートフォンのカレンダーを「Google Calendar」経由で同期させるため、Google謹製の「Google Calendar Sync with Microsoft Outlook」を使用していた。
この構成は、双方向でスケジュールの更新ができるので、非常に使い勝手が良い。
古くはSHARPのザウルスから、Windows CE機を経てようやく実現できた環境で、ブッキングが発生しない効率の良いスケジュール管理ができるようになった。
ところが、今日「Google Calendar Sync with Microsoft Outlook」の同期が停止してしまった。
エラーメッセージ
続きを読む

au INFOBAR A02発表…だが…

au INFOBAR A02発表
INFOBAR A02
http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/smartphone/a02/

これじゃあ、もう普通のスマホでは?
せめて、ソフトキーのカラーリングをINFOBARっぽくするとかすれば良かったのに。
USB端子が蓋付きで、充電しづらいのも変わってないし(うちのINFOBARは、蓋が半分千切れたままです、爆)
発売後半年ぐらいで、アキバで新古品が1万ぐらいで並んでたら買ってみるか(笑)

BackupExecの合成バックアップの不具合

BackupExec12.5合成バックアップで、ペースラインバックアップと増分バックアップは正常に終了するものの、肝心の合成バックアップががどうしても
最終エラー: 0xe0000904 – カタログ情報の取得中にエラーが発生しました。
最終エラーカテゴリ: バックアップメディアエラー
で異常終了してしまう。
色々調べて、最終的に行き当たったのはここ。
http://seer.entsupport.symantec.com/docs/294543.htm
どうも増分バックアップの後に合成バックアップ用のカタログ情報を取得する仕様らしいのだが、カタログ情報の取得が終了する前に合成バックアップが実行されると、上記のエラーで落ちてしまうらしい。
回避策は、上記リンクに書かれている通り、増分バックアップのポストコマンドに
timeout.exe /t 900
と入れてカタログ情報の取得が完了するまで(厳密には完了すると思われる時間)ウェイトを入れてジョブを完了させないようにする。
既知の問題で日本語版にも影響あるなら、ナレッジベースぐらい日本語化して置いといてくれよ!! > シマンテック

Eドライブに削除できないディレクトリが…

いつの間にかEドライブに
14acd783f42b83c3e250c105e9
というような削除できないディレクトリが出来上がっていた。
削除しようとすると、「filterpipelineprintproc.dllを削除できません。アクセスできません。」というダイアログが出て削除できない。
どうやら2009/08/10のXPSドライバのアップデート(MSのセキュリティアップデート KB954550-v5)の残骸らしいが、セーフモードでも消せないわ、ファイルの変名もできないわで厄介な事この上ない。
削除するにはアクセス権を取得する必要があるが、
WindowsXP Proでは簡易ファイル共有を無効
http://support.microsoft.com/kb/307874/
にしてから、アクセス権を取得
http://support.microsoft.com/kb/308421/ja
し、削除する必要がある。
全く面倒だなぁ…。

TMPGEnc 4.0 XPress 4.6.2.266で不正なサンプルフォーマット

TMPGEnc 4.0 XPressが、nVIDIAのCUDA(グラフィックカードの演算能力を利用して処理を高速化する技術)に対応したとの事で、TMPGEnc 4.0 XPress 4.6.2.266にアップグレードしてみた。
ところが「不正なサンプルフォーマットです。(エラーコード0x80048002)」というエラーダイアログが発生するようになってしまった。
このエラーが出ると、(ハングアップして)戻ってこない事がほとんどなので致命的である。
本末転倒ではあるが、環境設定で「CUDAを使用しない」にすればとりあえず回避可能のようだ。

裸族の二世代住宅でディスクを認識しなくなる

つい先月購入して、バックアップ用に使っていた裸族の二世代住宅(外付けHDDケース)だが、今日電源を入れてみるとHDDのアクセスランプがいつまでたっても点灯しない。
HDDを挿し直ししてみたもののやはり認識しないので、WD6400AAKSを二台とも抜いて、モードをスタンダードに切り替え、HITACHIのHDP725050GLA360を挿入してみるもののやはり認識せず。
手元に裸族の一戸建てがあったので、そっちに挿してみたら全てのHDDは問題なく認識される。
ハードディスクに指を当て電源を入れてみたところ、振動が伝わってこないので、どうもハードディスクがスピンアップしないらしい。
特に設定をいじった覚えは無いんだけどなぁ?
抜いた後、ハードディスクの基板部分がほんのり暖かいので、電源は供給されているようだが…。
裸族の電源ユニットの不具合で、ハードディスクのスピンアップに必要なだけの電力が供給されていないのか、ハードディスクが自動的にスピンアップしない設定に何故かなってしまったのか…。
いろいろ試してダメだったんで、購入店に持っていったんだがそこでは問題無しとの判断。
ややこしいことに、未使用のハードディスクを突っ込むと一回目は認識するようだ。
やっぱりスピンアップの設定が勝手に変更されたんかいなぁ?
追記
試しに裸族の二世代住宅を新品に交換してもらったら、WD6400AAKSを認識するようになった。
おかしいのは裸族の二世代住宅の電源ユニット?